バランス弁当 コンテスト

コンテストTOP 応募概要 バランス弁当の作り方 応募手順 応募フォーム バランス弁当人気投票 よくあるご質問
お弁当メニュー
  • 鶏飯(バター風味)
  • レモン鶏
  • ちりめんじゃことおからのサラダ
  • 小梅干し
  • りんごとさつまいもの
    オレンジ煮
商品化部門
優秀賞(銀賞)

レモン鶏弁当(鶏飯バター風味入り)

工藤純子 さん(兵庫県/56歳)

お弁当STORY

工藤さんは兵庫栄養調理製菓専門学校で学ぶ社会人学生。「食事バランスガイド」については、現在所属する栄養士科、そして以前学んだ調理師科でみっちり勉強してきました。
そんな折、西垣公昭教諭が主宰する調理技術ゼミで、専門学校の夏休みの課題となったのがバランス弁当レシピ。新学期が始まり、そのレシピを実習で作り上げたところ、同級生45人中、最も人気が高かったのがこのお弁当だったのだそう。「コンビニで買いたい!おいしいから商品化してほしい!」と同級生や下級生から言われ、コンテストに応募しました。

このお弁当のコンセプトはOLさんのランチ。「応募にあたり、夏からコンビニやスーパーのデリカコーナーに通い、お弁当をリサーチしてきたのですが、長引く不況でランチ予算は500円以下。そこで、ワンコインでお釣りが来てスイーツまで入っている、満足感の高いバランス弁当がいいと思いました」と工藤さん。

そんな理想のお弁当を実現するために、工藤さんが考えたポイントは、栄養バランス、ボリューム、そして冷めてもおいしいこと。「栄養バランスについては、『食事バランスガイド』の5つの料理区分である、主食、副菜、主菜、牛乳・乳製品、果物を全て入れ、野菜はもちろん、不足しがちな海藻、小魚、大豆製品をふんだんに使い、食物繊維、ミネラル、ビタミンをしっかり摂取できるようにしています。また、腹もちをよくするため、主食の鶏飯バター風味はたっぷり200g弱(ごはん茶碗に軽く2杯)。主菜のレモン鶏は、冷めてもおいしさが保てるよう、レモン果汁入りの寿司酢で漬け込んだ鶏肉を煮た後、から揚げにしてレモン餡をかけました。こうすると、鶏肉が柔らかくジューシーで、から揚げの油っぽさがなく爽やかなんです。さらに鶏飯は、バターを加えるとごはんにツヤが出てしっとりするため、時間がたってもパサつかないのが特徴。鶏ガラ、しいたけ、昆布茶の合わせ出汁で炊いているため、味わい深く仕上がっています」とこだわりが満載です。

2011年の3月に栄養士科を卒業後、管理栄養士取得を目指すという工藤さん。このお弁当の受賞が、実り多い学生生活の中で輝かしい思い出となりました。

TOP > バランス弁当コンテスト > 受賞作品紹介