バランス弁当 コンテスト

コンテストTOP 応募概要 バランス弁当の作り方 応募手順 応募フォーム バランス弁当人気投票 よくあるご質問
お弁当メニュー
  • 豆ごはん
  • ぶりの照り焼き
  • 根菜の煮もの
  • のりチーズ卵焼き
  • ちくわときゅうりとわかめの梅酢和え
  • さつまいものレモン煮
一般部門 / おとなの部
優秀賞

お父さんに想いよ届け!娘より

奈良の食プロジェクト・チームばる
(南風原千夏さん/19歳、石井柚里子さん/20歳、佐藤有華さん/19歳、徳永五月さん/19歳、松島千陽さん/19歳、全員奈良県)

お弁当STORY

「奈良の食プロジェクト」は、奈良女子大学の教育プログラム「生活観光現代GP」の中のアドバンスプログラム。伝統ある奈良の食を多くの人に広めるため、大和(やまと)野菜を使った食育イベントや、奈良の食材を活かした商品開発など、食にまつわる活動を行っています。

そのメンバーで結成された「チームばる」は、バランス弁当コンテストのために結成されたもの。「大学生になり、親元を離れて暮らすようになって、私たちは改めて家族のありがたさを実感するようになりました。そこで、いつもは照れてしまって、言葉で気持ちを伝えられないお父さんに、お弁当に感謝の気持ちを詰めて渡したいと思ったんです」とは、チームばる代表の南風原(はえばる)さん。特に、父親の健康はチームのみんなが気になっていることです。そこで和食をベースに、ごはん、魚、卵、豆、いも、野菜、海藻、乳製品、果物など、いろいろな食材を使い、バランスとボリュームを両立させるお弁当を考えました。

メニューは「お父さんに食べてもらいたいもの」をテーマにみんなで話し合って決めました。「メインは肉より魚だよね」「やっぱり卵焼きは外せない」「疲れているから酸っぱいものも入れたい」など雑談しながら、提案された料理は25品。その結果、メインはお父さんへの応援の気持ちを込めて、出世魚のぶりを使った照り焼きに決定。卵焼きにはのりとチーズを巻き込んで、お弁当で乳製品や海藻が食べられるよう工夫しています。

できあがったお弁当を見て、食べて、全員が「これはいける!」と確信したそう。次に実家に帰省したときには、受賞の報告とともに、とっておきのお弁当を渡すことができそうです。

TOP > バランス弁当コンテスト > 受賞作品紹介